パート先の店長との一度きりの人妻浮気エッチ告白話

パート先の店長との一度きりの人妻浮気エッチ告白話 みんなのエロ小説投稿ブログ


みんなの投稿された官能小説やエッチな話まとめたブログです。


みんなのエロ小説投稿ブログ --> パート先の店長との一度きりの人妻浮気エッチ告白話





記事No.1042:日付(2016-08-11)
カテゴリ:エロ小説

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

もう7~8年前の話になりますが、主人が半月ほど入院していたときがありました。当時私はパートをしていましたが、パート先の年下の店長に半分冗談だとは思いますが、セクハラをされていました。「Fさんのそのムチムチのお尻ほんと勃起もんですよ」
と言っては後ろからお尻を触られたりしていました。
ただ私も何も知らない若い娘さんでもないので、特に気にもせずに受け流していました。

はっきり言ってしまえば、当時もう主人とはセックスレスの近い状態だったので、まだ女として欲情するバカな店長みたいな男がいるんだって、再確認したりもしていました。

そしてある日、面会時間も終わるころに着替え用の下着やらパジャマを持って主人のお見舞いに行きました。

病状は変わらず、夫も元気だったので
『また来るね』と言っていつものように汚れ物の衣類を持って病室を出ました。
そして帰りにパート先に寄ってから帰ろうと思い、パート先の従業員専用の駐車場に車を停めました。

そのとき何気なしに袋から主人の洗濯物を確認したら、パンツにベットリ精子がついていたんです。
ビックリしてすぐに袋に戻そうとしたのですが、興味本位にそっと鼻を近づけて臭いを嗅いでみたんです。

つーんと鼻をつく臭いでしたが、まさに雄の臭いでした。
久々のこの臭いに女として体が反応してアソコが疼いたんです。
主人が私を求めずに自分で処理していたことと、雄の臭いに自分の体が反応してしまったことに驚きを隠せませんでした。

そして車の中でスカートを捲くって下着の上からそっと自分のアソコを触ってみると濡れていました。
そしてそのまま指で下着の上からク○トリスを弄ってしまいました。

『あっ、気持ちいい…』と車の中で呟いていました。
もっと気持ちよくなりたかった私はそっと下着の中に指を潜り込ませ、アソコに触ってみました。
すると自分でもビックリするぐらい濡れていました。
そしてク○トリスをそっと触ると、体がビクンってしてまた甘い声が漏れてしまいました。

ちょうど…そのときです。
運転席の窓ガラスをコンコン叩く音にビックリして我に返ったんです。
そこには店長がニヤニヤして立っていました。
そして窓下ろしてと合図していました。

私はとっさに服装の乱れを直し、車のウィンドーを下ろしました。
「あ、店長、お疲れ様です」と挨拶すると、店長はずっとニヤニヤしながら
「Fさ~ん、車の中でイケないことしてたでしょ?」と言うんです。

「そ、そんな…何も…」と“えっ、もしかして店長に見られてたの?”と思い明らかに動揺してしまいました。
「Fさん、しょうがいないですよ…だってご主人が入院しちゃってるんだもんね(笑)」
とまだニヤついて店長が言いました。

私はまさかと思いましたが、その言葉で完全に見られてた!!と確信しました。
店長は助手席側に回って、図々しくも助手席に乗り込んで来ました。

「ちょうど僕も帰るとところだったんですよ。Fさん、乗せてってもらえませんか?」
でも店長も車通勤だったはず…と思いましたが言われる通り、駐車場から車を出しました。

「とりあえず、そのまま真っ直ぐ走らせちゃってください。それにしてもFさんもやっぱり女ですね。女なら誰だって欲しいとはありますから…。でもFさんがパート先の駐車場で…ねぇ?僕もビックリしてるんですよ(笑)」
と店長は上機嫌でずっとひとりでしゃべっていました。

満足したのか、私がずっと黙っていたからなのか…しばらくすると静かになりましたが
「じゃあ、Fさん…俺としましょうよ」といきなり言ってきたんです。
「そこ曲がって…」と言われ左折すると空き地がありました。
「もうちょっと行って…そこの奥に停めて…」と言われたので、さすがに私も言い返しました。
「店長のウチこっちじゃないですよね?」
「いいから…停めて…」と言われ、仕方なく私は車を停めました。

「Fさん、そんなに意地張らないでくださいよ。パート先に駐車場でオナニーしてたじゃないですか?欲しいんでしょ?」
とハッキリ言われてしまい、何も言い返せませんでした。

そして店長が私の胸を触ってきたんです。
抵抗しない私を余所に遠慮もせず、どんどんブラウスのボタンを外してブラから胸を出して乳首を弄って来たんです。

「ちょっと店長…」と言いましたが
「さっきオナニーしてたじゃないですか?」
と言われると抵抗もできませんでした。

そして乳首を弄られながらキスされました。それにはさすがに吐息が漏れてしまい。それが店長を刺激してしまったみたいで、急に座席のシートを倒され、私の脚を肩に抱えると…いっきに下着を脱がされ、指でアソコを弄られました。

アソコを指で開き、ク○トリスを剥き出しにされてコリコリ擦られる感じで刺激されました。
「Fさん…、やっぱりすごい濡れちゃってたんだね…。おま○こ…ビチョビチョだよ…」
と言われ恥ずかしかったけど、感じてしまっていました。

店長に乳首を吸われながら、ク○トリスを指でちょっと荒々しく弄られて…
「あ、あっ…」と体をブルっと震わせてイッてしまいました。
店長もわかったみたいで「Fさん、イッちゃった?イッたの?」と聞いてきたので頷きました。
すると店長も我慢できなかったみたいで、カチャカチャとベルトをはずす音が聞こえました。

そして下半身だけすべて脱いで私にしゃぶるように言って来ました。
私は言われるままに、起き上って店長のすでに勃起したペニスを咥え込みました。
主人とさほど大きさは変わりませんでしたが、若いだけあってさすがに硬さが違いました。

久しぶりのこの硬さにいつしか自分から竿の根元まで咥え込み、睾丸を口に含み夢中でしゃぶり続けていました。
途中で店長の
「Fさん、すごいよ。ちょっと…このままされてたらイッちゃうから…」
という言葉で我に返り、苦笑いする始末でした。

そして店長に上に乗るように言われ、私は店長の上に跨りました。
ゆっくり腰を下ろし、店長の硬いペニスを奥まで受け入れました。
「あ、あ…店長…いい…硬い…あぁ…」久しぶりの感触を味わいながら、ゆっくり腰を前後に動かしました。

店長もハァハァ言いながら、私の胸にむしゃぶりついています。
店長のその姿を見て、私も膝を立ていっきに腰を上下に動かし出しました。

店長は私のお尻を抱えるようにギュッと掴み、上下に古紙を動かしている私のリズムに合わせてお尻を持ち上げては下ろし、持ち上げては下ろし…ズンズンと奥に入るように仕向けてきます。

「Fさん、ここは誰も来ないからもっと声出しちゃっていいですよ…」
「あん、あん…、店長も…もっと…感じて…あん、この硬いおちんちん気持ちいい…」
アソコに中で店長のペニスがどんどん硬くなって行くのがわかりました。

店長もそろそろ限界だったみたいで、下からすごい勢いで突いてきました。
「あ、あ、ダメ…。店長…すごい…すごい…あ、あ、あっ…イッちゃう…イッちゃう…」
「Fさん僕ももうダメ…イクよ…」
そのまま2人してほぼ同時にイッてしまいました。

店長は私の中に勢いよく射精したのがわかりました。
そしてしばらく抱き合いながら、お互い余韻に浸っていました。
その間もずっと店長のペニスは私の中でピクッピクッって脈打っていました。

終わるとお互いちょっと気まずい雰囲気になり、車の中で服を着て本当に店長の自宅近くまで送りました。
途中で店長が
「Fさんの…、あまりにも気持ちよかったから中出ししちゃったよ」
と言って来ましたが、私は
「もう妊娠しないと思うからいいけど…」
と言ったきりでした。

その後も店長からの誘いが毎日のようにありましたが、頑なに断り続けました。
そして主人が退院したのと同時にパートも辞めました。

なぜあのときだけ店長に言うまま、車の中でしてしまったのかわかりません。
浮気は後にも先にもこれ一回だけですが、思い出すと興奮しますが、同時に罪悪感もあり複雑な気持ちになります。

タグ:人妻/浮気/エッチ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:欲求不満の実娘とSEXした父親の不倫体験談



続きを見る

記事名:エロい友達の看護婦奥さんとエッチした不倫小説



続きを見る

記事名:裸エプロン騎上位で責める兄嫁との不倫エッチ告白話



続きを見る

記事名:人妻の濃厚で上手いフェラチオ告白体験談



続きを見る

記事名:人妻の姉とシックスナイン近親相姦エロ告白話



続きを見る

↑ PAGE TOP

みんなのエロ小説投稿ブログ --> バーで知り合った彼と濃厚セックスエロ体験談