落し物を拾ったキッカケでエッチしたエロ体験小説

落し物を拾ったキッカケでエッチしたエロ体験小説 みんなのエロ小説投稿ブログ


みんなの投稿された官能小説やエッチな話まとめたブログです。


みんなのエロ小説投稿ブログ --> 落し物を拾ったキッカケでエッチしたエロ体験小説





記事No.1610:日付(2017-10-07)
カテゴリ:エロ小説

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

先日、ほろ酔いで電車に乗りました。向かいに座っていたリクルートスーツを来た女子大生。お疲れなのか股を開いて爆睡。淡い緑のパンツがまる見え。ラッキーと思っていたら、次に停まった駅で突然目を覚まして、飛び降りていきました。くそー世の中そんなに上手くいかないと悔やんでいたら、女子大生が座っていた場所にケータイが落ちていました。幸いにも、その車輌にはほとんど乗客がいなかったので、さりげなくケータイをゲット。
アパートに戻り、ゲットしケイタイをチェック。
まずはメールから。
友達とのメールは、他愛もない話ばかりと思っていたら「○○のラブホはよかった」とか、「コンパで飲み過ぎてお持ち帰り されて、勢いでしたけど、下手くそでイケなかった」とかスゴイ内容ばかり。
を見ていると何枚目からにラブホで撮ったと思われる下着姿がありました。黒の上下。次の画像は全裸でをしていました。胸はかカップぐらい。陰毛は、薄めでした。その次はいきなりが終わって満足そうな顔でした。
いやぁいい物を拾ったと喜んいると〝公衆電話〟と表示され電話がかかってきました。
電話の主は、持ち主。
翌日の夜、ケータイを返す為、彼女の家の最寄駅でお茶屋さんで会いました。
もちろん、ケータイの写真はすべて俺のパソコンに転送しておきました。
ケータイを彼女に渡し、「写真を観させてもらったよ。こんなのを撮る趣味があるんだ。」と、画像の中で一倍エロいヤツをプリンとアウトしてテーブルの上に出しました。「イヤ」とカバンにしまうと、「何が目的何ですか」と俺を睨んだ。「そんなこと言わなくても判るだろここじゃなんだから、お前の部屋に行ってゆっくりと話そうか」と立ち上がりました。
彼女は立ち上がらずじっと座ったままでした。「その写真。近所に配ってもいいの」と言うと観念したのか、「回限りですよ」と言い立ち上がった。
彼女のマンションに入り、「喉が渇いたなぁ、何か飲むものないのかよぉ」と冷蔵庫を開けるとビールがあったので、ビールを開けて飲みながら、部屋の隅にいる彼女に「お前、ちょっとシャワーを浴びてこいよ」と言うと、「いいです。早く帰って下さい」と言うので、「ぐだぐだ言わねぇでさっさとシャワーを浴びてこい」と怒鳴ると渋々、浴室へ行った。
その隙に部屋を物色。タンスを上から開けていくと、なんともカラフルな下着を発見。パンツはノーマルなヤツもあれば、ヒモパンやバックも発見。そして、その奥には、コンドームの箱を発見。既にいくつかは使ったみたいで、残りつ。カバンからスケジュール帳を引っ張り出して中身をチェック。几帳面に、生理の日やエッチした日が書いてありました。どうやら、彼氏以外にも友もいるようで、日に回のペースでやっているようでした。そこへ彼女が浴室から戻ってきた。「何を見ているんですか恥ずかしいからヤメてください。」
彼女は、スケジュール帳や部屋中に散乱した下着をかき集めた。
「いいじゃねぇか、どーせオレ達、今から仲良くするんだから」と、彼女をベッドに倒して、服を脱がせながら楽しんだ。彼女は最初はイヤがってたが、そのうちに喘ぎはじめ、自分からフェラをしてくれた。なかなかの舌使いで、危うくイキそうになったので、あそこにぶち込んだ。締め付け具合が良くて、分ぐらいで彼女の中に白濁液を放出してしまった。
その夜は、朝までやりまくって、彼女の部屋から出勤することとなった。当分、やらせてもらおう

タグ:OL/エッチ/エロ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:妻を寝取られて興奮人妻不倫エロ告白話



続きを見る

記事名:寝ている夫の横で犯された人妻の不倫エロ体験話



続きを見る

記事名:公衆トイレでセフレと後背位エッチ体験談



続きを見る

記事名:年下の若い子と人妻の騎乗位エッチ告白体験談



続きを見る

記事名:友人の横で彼女と騎乗位エッチ体験談



続きを見る

↑ PAGE TOP

みんなのエロ小説投稿ブログ --> 上司との不倫にハマった淫乱人妻のエッチ体験談