バツイチ女と変態男の聖水プレイH告白体験談

バツイチ女と変態男の聖水プレイH告白体験談 みんなのエロ小説投稿ブログ


みんなの投稿された官能小説やエッチな話まとめたブログです。


みんなのエロ小説投稿ブログ --> バツイチ女と変態男の聖水プレイH告白体験談





記事No.32:日付(2015-12-03)
カテゴリ:エロ小説

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

わたしは28歳になるバツのついた女です。
特定の彼氏はいないのですが、時々(不倫新生活)で遊んでいます。
見た感じは清楚に見られるのですが、かなりHが好きで毎日でもSEXはしたい方です。
ある時出会い系へ書き込みをしたのですが、10通20通とメールが来た中で、ひときわアブノーマルなメールに思わず目が止まりました。
その内容は「女性に責めて欲しいのです。出来ればつばや聖水を飲ませて下さい。黄金も頂ければ嬉しいです」といった内容でした。
わたしはびっくりしたのですが少し興味も持ったので、返事をしてみました。
オシッコくらいなら出来るかも知れないのですが、ウ○チは無理だろうなぁ、、、と思っていました。 それからメールを何度かやり取りして、いよいよ待ち合わせの日が来ました。
「変な人なら逃げよう」と思って待ち合わせ場所に行くと、想像とは違ったスーツをパリッと来た年齢は45歳の紳士的な人が来ていたので少し安心して声をかけました。
わたしはMとします。
その男性はKさんとします。
Kさんは少し照れたようにして話かけてくれ、わたしも少し照れましたが話をし、普通のカップルのようにホテルへと向かいました。
紳士的な感じのKさんは、SEXになると人が違ったようにMっぽく、変態になっていてわたしはそのギャップがたまらなく興奮しました。
Kさんをベッドに寝かせて、乳首を舐めてあげると「あん、ああ~~・・・」とまるで女の子のような声を上げるのです。
(わたしって痴女の気があるかも?)って一人ほくそえみながら、Kさんを責めて行きました。
乳首を舐めたり噛んだり、アソコに唾をたらしてさすってあげると声をあげて喜んでいるKさんに「変態ね!」と言い、まだまだ下手くそな言葉攻めをしたり、わたしのも舐めて、と言い顔面騎乗をしてもう濡れているアソコをKさんの顔へ擦り付けました。
Kさんは嬉しそうにヒダから穴へ、アナルも丁寧に舌を差し込んで舐めてくれました。
わたしはシックスナインの体制のままオシッコを出しました。
Kさんはわたしのオシッコをゴクゴクと飲んでくれたいのです。
初めての経験だったのですが、何故か嬉しくて興奮していました。
(わたしの汚いものを飲んでくれている)と思うと(もっとしてあげたい)と思うようになり、Kさんの待ち焦がれた黄金に挑戦することにしたのです。
でも、やはり普通では出ないので、いちじく浣腸を入れてもらい、便意が催すまで5分くらい待ったのです。
その間Kさんはわたしの足や足の指の一本一本まで舐めて、奉仕してくれました。
それからわたしは「出そうだけど、本当に出して良いの?」と聞くとKさんは「うん、一杯出して欲しい」と嬉しそうな顔で言ったので、お風呂場へ行き、Kさんの顔を跨いでシックスナインの格好になりました。
Kさんはわたしのアナルへ口を付けて「出そうなら出して下さい」と言っていました。
普段なら絶対に人前では出来ないような排便・・・でもいちじく浣腸をしているのでわたしの気持ちとは裏腹に強烈な便意が・・・「本当に良いの?出るよ!」と言うとKさんは「はい」と言いながらアナルへ口を付けて口を開けて待っているのです。
恥ずかしさよりも便意が勝りとうとう黄金が出て来ました!わたしは思わず「あ、ああ~~」と声を出してしまい、同時に黄金が!人前で排泄をするとは!考えられない事でしょうがその時のシチュエーションでは変な事ではないのです。。。
Kさんは「すごいすごい」と言いながらわたしのウ○チを口一杯にし、興奮していました。
その時のわたしは完全にその変態的な場面に感じていました。
Kさんはウ○チをアソコへ自分で塗りつけ、オナニーをしていました。
もう完全に変態です。
「Mちゃん、足で口の中へ無理やり黄金を入れて下さい」と興奮しきった顔で言ってきたので、わたしはKさんの黄金の入っている口へ足を押し込んだのです。
それからわたしのアナルをティッシュ代わりに舐めたり、黄金を自分の体に塗ったり・・・普通では考えられないようなプレイです。。。
わたしはこんな変態なプレイの興奮していました!Kさんの「イク!Mちゃん、イクところを見て下さい!」と言い、イッテしまいました。
わたしは何もかもが初めてだったのですが、この変態プレイにすごく興奮したのです。
今では月に2~3度くらいKさんと会って変態スカトロプレイをしています。
わたしもこのプレイが好きになって来ました。
わたしも完全に変態の仲間入りです。
今ではプレイもエスカレートし、Kさんの毛を剃ったり、Kさんへわたしのウ○チとオシッコを混ぜたものを浣腸したりと変態まっしぐらになっています。
Kさんは「Mちゃんのウ○チを完食出来るようになりたい」と言って、毎回少しずつですが食べるようにしています。
当分Kさんとの変態な関係が続きそうです。

タグ:聖水/バツイチ/エッチ/変態/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:田舎の美人妻に童貞卒業してもらったエロ話



続きを見る

記事名:年下の若い子と人妻の騎乗位エッチ告白体験談



続きを見る

記事名:巨乳ドMな同僚との浮気エッチ小説



続きを見る

記事名:巨乳人妻とのお風呂エッチ告白体験談



続きを見る

記事名:下半身丸出しで掃除した人妻の露出エロ告白話



続きを見る

↑ PAGE TOP

みんなのエロ小説投稿ブログ --> 息子の家庭教師にフェラチオ人妻の不倫エロ告白話